【ナンパの祭典】第2回IPPONグランプリ~魔都獅子はどしゃぶり編~

前回分はこちらから!

【ナンパの祭典】第2回IPPONグランプリ~大会前夜、関東クラスタとの邂逅編~ - 死ぬほどポップに生きていこう

 

 

 

颯爽とゲームセンターを飛び出した僕。

 

自動ドアを抜けると

 

 

そこは

 

 

どしゃぶりの雨

f:id:toopop:20170810152449j:plain

いや、この画像雪やんけwwwwwww

 

 

 

あ、終わった…

f:id:toopop:20170810164208j:plain

と思うと同時に、ダナハさんの顔が思い浮かぶ

 

f:id:toopop:20170810164328j:plain

 

大雨の時こそチャンス。

傘刺しルーティーンがあるじゃないか。

 

 

ありがとうダナハさん、僕まだ戦えるよ。

この状況をフルに活用して僕は戦う!!!!

like a ガイア!!!

f:id:toopop:20170810161400j:plain

 

コンビニで傘をGET!!!!

 

周りを見渡す。

 

あれや!!!!!!

 

僕「いやおねーさん!こんな土砂降りの中傘ささんと風邪ひくって!!」

BBA「あ、ありがとうございます」

僕(くっ…可食範囲外…オ、オデハナンパマシーン…バンゲ…スル)

 

 

開始早々1バンゲ!!!!

 

幸先がよろしい!

 

 

 

雨足は弱まることなく、僕の頭上へと降り注ぐ。

(´-`).。oO(流石に歩き続けるのも厳しい、駅ナカ入るか)

!!?

 

 

可愛い子が雨宿りをしている!!!

 

 

僕「めっちゃ降りますね!」

女の子「そーですねー」

僕「待ち合わせ?ここ暑いしどっかお店入って待っとこうよ」

女の子「んーわかりましたー」

 

マクド連れ出し!!!

 

女の子「私、援交の待ち合わせしてたんですよね」

(´-`).。oO(!?ビビったら負けや…堂々とせな)

僕「相手こやんの?」

女の子「結構釣り多いんですよ~ドタキャンとか当たり前で」

女の子「そろそろ出勤やし…釣りとかだるいなぁ~~」

僕「あ、今から仕事なんや」

女の子「風俗もやってるんですよ」

(´-`).。oO(なんやて!!?風俗嬢で援交…魔都獅子おそるべし……)

僕「そうなんや、まぁまた相手こんかったり暇になったら連絡頂戴や」

僕「誰よりも君を楽しませる自信が!僕には!!あるから!!!」

女の子「お兄さんこんなことしなくてもモテるでしょ笑」

僕「ありがとう!でも僕は今君にしか興味ないから!!もっと話聞かせてな!!!」

 

 

バンゲ!解散!!

 

(´-`).。oO(それにしても結構可愛かったなぁ、人間いろいろあるもんやな)

 

 

ブーメラン帰ってくるといいなと思いながら別路線の駅へと向かう。

 

f:id:toopop:20170810163738j:plain

 

(´-`).。oO(獅子は関西と違い、ネタ系のオープナーでは通用しない)

(´-`).。oO(極々自然に声をかけないとまたキャッチグダを喰らうだけ)

 

傘を閉じながら、ふと横を見る。

 

同じタイミングで傘を閉じている女性。

手には買い物終わりだろうか、紙袋が2つ。

 

僕「いやー、嫌な天気ですね。せっかく買ったものも濡れちゃいますね」

女性「あ、そうですね。困っちゃいます」

僕「こんな日に、こんなところで出会ったのも何かの縁ですし」

僕「ちょっとディカフェのコーヒーでも飲みながら話しましょうよ」

女性「ディカフェですかwww」

僕「この時間からカフェイン入れると眠れなくなっちゃうんでwww」

女性「いいですよ」

 

連れ出し!

 

いろんなことを話す。

このあと予定が特にないことも確認する。

さぁ、即への道を一歩一歩確実に。

 

僕「民泊て知ってます??」

女性「え、なんですかそれ」

僕「アパート一室貸切!みたいな、僕初めてそこで泊まることにしたんですけど」

僕「めっちゃオシャレな部屋やったんで見に来てくださいよ!ほんでちょっと飲みましょ!!」

女性「ん~ちょっとだけですよ?」

 

エアビin!!!!

 

ソファーで隣同士、ゆっくりと恋愛の話をしながら和む。

近づくお互いの身体。

 

警戒心が少しあったものの、話をすることで徐々に心を開いてくれる。

ここまでで既に1時間が過ぎている。

なにか、なにか明確なIOIは…っ!!!

 

 

女性「意外と筋肉質ですね」

僕「あ、一応鍛えてるんで!ジャケット着てると細く見えるでしょ笑」

女性「うん、意外。すごー…」

僕「鍛えてる男は嫌い…?」

女性「嫌いじゃないです…」

 

ここや!!!

 

キス

 

 

お姫様だっこでベットへ運び…

 

 

僕「東京に来てこんな素敵な人に出逢えてよかった、一緒にいてすごい楽しい」

女性「うん、私も楽しかった」

僕「抱くで?

女性「…うん」

 

 

 

 

即!!!!!!!!!!!

IPPON!!!!!!!!!

f:id:toopop:20170810163516j:plain

先のことを考えてノー射精!!!

 

 

駅まで女性を送り、解散したところで時刻は22:40。

昨日では考えられない順調さに頬が緩む。

 

 

この街、この状況すべてを味方に着けろ!

第2回IPPONグランプリ終了まで、残り約9時間!!!

 

 

続け!!!